般若面

15

般若面を描きました。

よく刺青で見られる題材ですが、意味は嫉妬や恨みの篭る鬼女の顔として捉えられてます。

本来 (般若(サンスクリット: प्रज्ञा, prajñā) とは、仏教用語で「仏の智慧」、と同義語です。

由来として二説あるのですが、

一説として
室町時代?の能面師が、名を「仏の智慧」の意味である、般若に改名したら
作る鬼の面が、最高傑作との評判が高まり、いつしか鬼の面=般若となったそうです。

古くてすみませんが、(豆ダッシュ)から(チョロQ)と改名した途端に大ヒットしたのと同じですかね?

けど、この説からいくと「はんにゃ」の名前を使ってる人達は売れてないと、恥ずかしいんちゃうかな?笑

まあええか。


いうことで、 般若坊が作る面=素晴らしい鬼の面=「般若や!」と 省略されていったそうです。

つまり、般若と現代でイメージするものは、鬼の面なのです。笑

もう一説は

平安時代に紫式部が書いた源氏物語にあります。
光源氏の最初の妻、(葵の上)が(六条御息所)の嫉妬心に悩まされ、その生怨霊にとりつかれた時、般若経を読んで御修法(みずほう)を行い怨霊を退治したから、般若が面の名になったともいわれる。

しっくりきます。

まあ
この説が嫉妬の度が極めて強く、鬼のような形相になった女性、能楽や神楽に使用されている般若面ですもんね。もんね。↑
Pink_oni_Noh_mask

個人的な考えとして
人間として、嫉妬や恨みといった感情は誰でもあるもので、般若をどこに彫るかによって、自分の、その感情の位置を量るとこになるんじゃないでしょうか。

好みですが
背中がかっこいいですよ!
下絵もあるし。笑
宜しくお願いします。

広告

18

不動明王と 騎龍観音です。
額も終わって色に入ってます。

この方は身長が190あるので、面積が多く、中々進みません。
いつも
「でかいと損やなぁ~」と言ってます。笑

多分、片足で小さい女の子の背中ぐらいあります。

はやく完成が見たいです。

野晒図

10

野晒図を描きました。

昔は色々な身分の人があちこちで野垂れ死に、動物に食われ白骨化していました。

古典落語の演目で観る事もあり、興味を惹く題材です。

あらすじは、魚釣りをした帰りに、野ざらしのしゃれこうべ(=頭蓋骨)を見つけ、哀れに思ってそれに酒を振りかけ、手向けの一句を詠むなど、ねんごろに供養したところ、美人な女の幽霊がお礼に来て、一晩すごしていた所、それを見た隣人が川辺でしゃれこうべを見つけ同じようにすると、男が来たという話しです。笑

こういった、花咲か爺さんみたいな、不順な動機で、あまり欲張るとええ事ありませんよって昔話よくありますよね。

でも、当時に、しゃれこうべに酒かけて手向けの一句詠む位で美女がくるのなら、僕も同じようにやったやろうなというのが率直な意見です。もちろん不順な動機です。ゲイという意味じゃないです。

 


浮世絵や古道具などにも、よく野晒しの絵を見ます。
2011_0913_045

当時、骸骨の絵は人気でした。

多くの絵師が骸骨の、死を連想させるものやユーモラスな絵を残しています。

しかし根底として当時の人は、人間どんなに身分が高く幸せでも、いつかこうなるんだよ、と自虐的ではなく、今を大事に生きる為の戒めとしていたそうです。

現代では火葬をして骨壷に入って埋葬されているので、当時の用にリアルな頭蓋骨を日常的に見る事はありませんが
いつから、頭蓋骨(ドクロ)=カッコイイ カワイイ 怖い 産業的になったんですかね?笑

焼場で悲しんでる人がドクロの携帯ストラップとかついてたら変な気持ちになるな~。

後なんで、ドンキに行くとキラキラのドクロの絵が描いてあるシャツを着ている子が多いんでしょう?

まぁ
現代で置き換えて、骸骨に変わる、日常的に死を連想する事として何があるんでしょう?

血圧とか
重病の診断ですかね?
決して
彫り物の題材には向いてないです。笑

その点で考えると刺青のモチーフとしては、やっぱり骸骨がしっくりきますね~。

後アメリカントラデショナルのドクロのTATTOOでもよく使われる
(death before dishonor)
生き恥を晒すのならば死ね!

これ
同じですよね。

時代は変われど、命を大事にしつつ
各々が恥とする違いはあれど、死を恐れずにいかなあかん時があります!
侍です!
ハラキリです!

ジハードするんです!嘘

けど
日常は
メメントモリです。

今日もありがとうございます。

112

武将

13

初代福山藩主
鬼日向と異名を持つ、孤高の猛将、水野勝成です。

ちなみに兜は数ある中からこれを、チョイス。
image

水野勝成とは
武勇伝がえぐい武将です。

高天神城の戦い  (16歳で首級をあげ、信長から感状をもらう)
天正壬午の乱   ( 誰の指図もうけねぇと一人で戦い数多くの首級をあげる。)      
小牧・長久手の戦い( 目が痛くて兜を脱いでいたら、父忠重に「お前の兜、小便壺~」と言われ、「兜がなく、殺されてもそれは運だ!」と言って、白江成定の陣に突入し一番首を取ってくる。
貴種流離譚    (虚無僧、器職人になる。)
関ヶ原の戦い、(名刀「日向正宗(国宝)」奪う)
大坂の陣   (51歳で軍の最高責任者でありながら家康の命令を無視して一番槍をあげ部隊を壊滅させる。)
島原の乱   (75歳で嫡子・勝俊、孫の水野勝貞を伴い約6,000人を率いて幕府軍に加わった。九州の大名以外で唯一の参陣)

何歳になっても、常に最前線で武功を上げ、時に放浪するイケイケな武将です。

11

左から織田信長と武田信玄です。
病死せず、戦っていたら、どっちが勝ったかは分かりませんが、戦力や武力で考察すると織田信長だという意見が多いです。

僕は武将の中で徳川家康が結構すきなんですけど、恐らく三方ヶ原の合戦で惨敗してますし、もし戦ってたら、真っ先に徳川は滅びてしまっただろうと思います。

ちなみに
三方ヶ原の合戦で惨敗を帰し浜松城に戻った家康は、苦渋の表情の肖像画を描かせ、これが現在、徳川家康三方ヶ原戦役画像、通称「(しかめ)顰像」として残っている。これは一般に、血気にはやって武田軍の誘いに乗り、多くの将兵を失った自分に対する戒めとして描かせたとして知られ、この後に熱くなった自分を抑えるために絵を見て自重していたという逸話が残っている。(wik参照)

これ!
Mikatagaharasenekizou

右腕に彫ろうか迷ってます。笑

単純にかっこいいなとおもったんですが、意味合いも
学習能力が低い僕にはぴったりな絵です。

メメントモリですよね。

輪入道

輪入道を描きました。

9

どんな妖怪なのでしょうか?

1779年 (安永8年)に描かれた、石燕の今昔画図続百鬼に出ている妖怪です。
SekienWanyudo

(車の轂(こしき)に大なる入道の首つきたるが かた輪にてをのれとめぐりありくあり これをみる者魂を失う 此所勝母の里と紙にかきて家の出入の戸におせば あへてちかづく事なしとぞ)

とあります。
つまり、輪入道に会ってしまうと魂が抜かれ死んでしまうのですが、(此所勝母の里)と書かれた紙を呪符として家の戸に貼ると、輪入道が近づくことができないのです。
(此所勝母の里)とは、孔子の門人である曾子が「母に勝つ」の名を嫌って勝母の里に足を踏み入れなかったという『史記』「鄒陽列伝」での逸話が由来とされています。

では、輪入道は曾子なんでしょうか?

石燕は1677年(延宝5年)『諸国百物語』に記されている京都の東洞院通に現れた車輪の妖怪「かたわ車」から輪入道を描かれていると考えているようですが、

んっ?
やったら曾子の逸話はどこからきたんやって考えてしまいます。

石燕が参考にしたと思われる「かたわ車」はこのスポーク直付けのような妖怪です。
デリバリーが来たかのような状況ですが、諸国百物語では、
ある女が興味本位で夜、家の扉の隙間から外を覗くと、牛車の車輪だけが転がって来て、車輪の中央には凄まじい形相の男の顔が小さな人間の足をくわえており「我を見るより我が子を見ろ」と叫んだ。驚いて女が我が子のもとへ行くと、子供は足を裂かれて血まみれになっていた。片輪車がくわえていたのは、その子供の足だったのである
とあり、子をもつ母親にすると恐ろしい妖怪なのです。
ShokokuHyaku_Katawaguruma

また(諸国里人談)では、滋賀のある村で、片輪車が毎晩のように徘徊していた。それを見た者は祟りがあり、そればかりか噂話をしただけでも祟られるとされ、人々は夜には外出を控えて家の戸を固く閉ざしていた。しかしある女が興味本位で、家の戸の隙間から外を覗き見ると、片輪の車に女が乗っており「我見るより我が子を見よ」と告げた。すると家の中にいたはずの女の子供の姿がない。女は嘆き「罪科(つみとが)は我にこそあれ小車のやるかたわかぬ子をばかくしそ」と一首詠んで戸口に貼り付けた。すると次の日の晩に片輪車が現れ、その歌を声高らか詠み上げると「やさしの者かな、さらば子を返すなり。我、人に見えては所にありがたし」と言って子供を返した。片輪車はそのまま姿を消し、人間に姿を見られてしまったがため、その村に姿を現すことは二度となかった。

とあり、足を食われた例と助かった例
片輪の車に女が乗っているなど
かたわ車の妖怪像が具体的に噂されるようになってきます。

石燕は輪入道とは別に「かたわ車」女も描いてます。

20130318171434

(むかし近江国甲賀郡によなよな大路を車のきしる音しけり
ある人戸のすき間よりさしのぞき見るうちに、ねやにありし小児いづかたへゆきしか見えずせんかたなくてかくなん つみとがはわれにこそあれ小車のやるかたわかぬ子をばかくしそ その夜女のこゑにて、やさしの人かな、さらば子をかへすなりとてなげ入れける そのゝちは人おそれてあへてみざりしとかや)

(諸国里人談)とほぼ同じ内容です。
チラ見して、かたわ車にさらわれ
母親がちゃんと見てなかった私にも罪があり、反省してるから返してと唄うと
優しい人だから返してやろう。だが姿を見られてしまったので、もうここにはいれないと言って
去っていったのです。

右上のが僕が描いた片輪車です。
15

でも
なぜ石燕は1つのモデルから2タイプの妖怪を描いたのでしょうか?

よく分かりませんが

僕の考えでは
どちらのタイプも子供をさらう点では同じで、子供を守る方法は
かたわ車が母親の育児に関して反省する事なので
石燕は母親だけではなく、曾子の逸話をあてはめ、(此所勝母の里の札(母に勝たない)子供にも親を労わるように伝えたかったのではないでしょうか?
親の心子知らず。

青汁の宣伝みたいになってしまいますが、
両親や子供への愛情にぴったりな妖怪です。大きさは手の平弱ぐらいからが丁度いいと思います。
宜しくお願いします。

影響

4

自分に影響を与えた人物を思い出しながら入れていくかっこいい入れ方。

ありがとうございました。

タイではサクヤンで彫った動物などが、のりうつるという思想がありますが,だとしたら、すごいことになるね。笑

elephanttattoo